プロフィール

初めまして、治療院リピート経営をお伝えしている荻野俊です。

私はこの業界に入る前はサッカーのJリーグ川崎フロンターレというチームで、子どもたちにサッカーを教えていました。なぜかというとそれが私の夢”だったからです。就職して2年が経ったころ、兼ねてから交際していた妻と籍を入れました。そうすると、当時の給与では家族を支えられないことに気付きました。

夢を諦め治療業界に入った23歳

そのタイミングで、この業界に声をかけてくれたのが整骨院を経営していた妻のお父さんでした。夢を諦めるのは辛い決断でしたが、家族を養うために必要な決断でしたし、今はその決断に後悔はありません。

昼間は整骨院での修行、夜間は柔整学校とハードな日々を送っていましたが、来院された痛みを抱えた患者さんが、帰りには笑顔で帰っていく。それも「先生ありがとう!」と言って帰って行っくのを見て感動したのを覚えています。

しかし、実際に私が施術するようになってからは、私が見ていた状況とは異なり、なかなか痛みを改善できずに暗い顔をして帰っていく方、痛みが改善しないにも関わらずたくさん通ってくれる方、そんな状況で、当然会社からは売上を求められるので「治せない」「売上を上げられない」自分に責任を感じ、楽しめない毎日が続いていました。

そんな中でも、当時は回数券のようなシステムがあり、なんとか売上はがったものの、納得できる成果を患者さんに与えられたかというと、そうではなく悔しい思いをしました。

治せない、売上が上げられない状況からの変化

そんな思いから、自分で経営をする時には「患者さんに喜んでもらえる院、そして自分も喜べる院」を作ろうと決意しました。

そのためには、治療技術は絶対に外せないものだと考え勉強に取り組むとともに、痛みを抱えた患者さんが、どうしたら安心して施術を受けられうのかを考え、治療の説明の仕方、コミュニケーションの取り方を学び、治療院の環境面でも居心地の良い空間になるよう取り組んでいきました。

私を信じて通ってくださった患者さんや、私に指導してくれた業界の先輩方のおかげで、順調に売り上げも伸びていき、それだけではなく患者さんとのコミュニケーションが増え、喜んでくれているのを肌で実感できるようになりました。

その頃から、私が院で実践して患者さんに喜ばれた内容を、他院の院長先生や、スタッフさんにお伝えできるようになり、微力ながらサポートさせていただけるようになりました。

喜び合える関係を目指しましょう!

サッカーを教えることはなくなりましたが、このように患者さんや他の先生方にお伝えできるようになり、私の夢は継続できています。

以前の私のように、患者さんとの関わりで苦労されている先生や、どのようにして喜んで通院してもらえるようになるのかに悩んでいる先生と、今の課題を一緒に解決でき、喜んでもらえたら、私も嬉しい限りです。

喜びの多い治療院、喜びの多い人生になるよう一緒に取り組んでいきましょう!