整骨院で売上を上げるために、単価やリピート率を上げるよりも先にやらなくてはいけないこと

売上を上げたいと考える先生は多いと思います。私もその一人です。ではどうしたら売上が上がるのでしょうか?そこを考えていかないと「売上を上げたい!」と思っていても結果は変わりません。売上に対してどのように考え、何から取り組んでいくかをこのブログではお伝えします。

整骨院で売上を上げるために

【 売上=単価×リピート×カルテ枚数 】で求めることができます。これら全ての数字が大きければ大きいほど売り上げは上がっていきます。

しかし、ここでは取り組むべき段階があり、その順番を間違えてしまうと思うように結果に繋がらないこともあります。

ちなみに、今あなたはこのように数字管理をしていますか?ご自身の院の治療単価がいくらなのか。患者さんが何回通院してくれているのか。何人の患者さんがいるのか。

もし、数字管理をしていなければ、今からでも数字管理を始めてください。これから売上を上げていきたいのに、現在の院の状況がどういった状態なのかを知らなければ、何から取り組んだらいいかも明確になりません。

数字の出し方がわからない、どんな数字を把握したらいいかわからない。という問題があるのであればこちらの資料を参考にしてみてください。

売上を上げるための考え方

私が売上を上げていく時に大切にしている考え方は「売上を上げる」ではなく「人を増やす」です。治療院で患者さんの人数とは、先生が必要とされているわかりやすい指標です。

売上だけを見れば少ない患者さんの人数で、とても高額な商品を販売できれば、それでいいのかもしれません。しかし、そういった営業方法が長く繁栄していくかどうかは考えにくいものです。

結局、お金を払ってくれるのは患者さんです。単価を上げたとしても支払ってくれる人がいなければ上げる意味がありません。

リピートも同じことが言えます。リピートしてくれるのは患者さんです。ということはそもそも患者さんがいなければリピートは起こりませんよね。

なので売上を上げるためには、お支払いをしてくれる人をどれだけ増やせるか、リピートしてくれる人をどれだけ増やせるか。

患者さんが多ければたった500円の値上げでも多くの収益が見込めますし、少し通院間隔を狭めて通院してもらえればそれだけ売上が上がります。

「売上をあげよう!」ではなく「人を増やそう!」という考え方で、アイデアを出し取り組んでいただくといいです。カルテ枚数とは院の基礎体力みたいなもんですね。

カルテ枚数を増やすために何をするか?

カルテ枚数(患者さんの人数)を増やそうと集客に力をいれる。これは間違いではありません。集客ができなければ患者さんは増えていきません。

しかし、ここで覚えておいて欲しいことは集客ができたとしても、来院した患者さんがすぐに離脱してしまったら、元も子もないということです。

なので集客と離脱対策を同時に行ってくことが、カルテ枚数を増やしていくポイントになります。

集客では、患者さんに来院して欲しいと思っていても、いきなり患者さんが来院することはありません。

ホームページや口コミサイト、今ではFacebookやインスタグラム、そのほかにはチラシや地域情報誌など、患者さんが先生の院を知ることから始まります。

患者さんがあなたの院を知り、興味を持ち、治療の必要性を感じ来院に至ります。そのため、患者さんに知ってもらう活動がとても重要になります。整骨院の看板を掲げたら患者さんに知ってもらえるわけではありませんので、集客では「知ってもらうこと」から始めましょう!

集客の流れや、離脱対策としてどういった方法が考えられるかを図解にした見やすい資料がりますので、治療院リピート経営の教科書を参考にしてみてください!

お読み頂きありがとうございました!

荻野俊

 

治療院リピート経営 無料メール講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です