経営数値って出す必要ある?

月末に経営数値を出している院とそういでない院があります。特にお一人で院を経営されている場合は、数値を出すことの意味や出し方が分からず、挫折してしまっているのではないでしょうか?

経営数値の出す項目や出し方は「整骨院×経営×数値」とかでググればたくさん出てくるので、この記事では数値管理をしていく理由についてお伝えしていきます。

そもそも数字を出す必要があるの?

この疑問を抱える方は数字を出していない方か、数字は出しているけど「みんながやっているから」「コンサルの先生にやれって言われたから」と、考えることをせずにただやっている方が多いかもしれません。

私個人の考えは経営数値は出した方がいいと思っていますが、心の奥底では「正直どっちでもいいでしょ」と思っているところもあります。

その理由は、あなたの院で、あなたの会社で、あなたのやりたいようにやるのがいんじゃない?と。誰にも指図されずに思うようにやれた方が楽しんじゃない?と考えているからです。

一人で整骨院を経営されている場合、感覚で月に何回くらい施術をしている、だからカルテ枚数はこのくらい、売上はこのくらいになるだろうと、ある程度予測できますよね。

それであなたの院が現状を維持でき、経営や生活が困らないのであれば、私はそれで良いと思っています。なので、冒頭で述べたように「どちらでもいいでしょ」という考えになります。

「毎月数字報告をするように!」とコンサルの先生に言われ、月末がくるのが嫌になってしまったら、なんのために経営されているのかわかりません。(そもそもコンサル頼まなきゃいいのに)

従業員さんでも同じです。従業員さんの場合、会社のルールとして必要であれば、絶対にやらなくてはいけないと思いますが、月末が苦しいですよね。

経営数値を出す理由が分からない経営者の方や、従業員の方は、この先を読み進めてもらうと、少し納得できる部分があるかもしれませんので、読み進めてみてください。

経営数値を出すべき人

この記事は経営数値を出すことを肯定したり、出していないことを否定するものではありません。お伝えしたように必要がなければ出さなくてもいいでしょう。

しかし、今経営数値を出している方で、数値を出す理由を知りたい方や、今後数値を出し、院を管理していきたいと思っている方もいると思いますので「どんな方が経営数値を出すべきか」をお伝えします。

それは「目的・目標」のある先生です。

繁盛治療院にしたい、月商50万UPしたい、スタッフを雇用したい、分院展開したい、地域貢献したい

このように目的、目標のある先生は経営数値を出すべき人です。なぜなら経営数値は現在の院の状況を表し(現在地)、目的を達成するためのスタート地点になるからです。

現在の院の状況からみて、どうしたら月商50万上がるのか、スタッフを雇用するためにどのくらい収益を上げる必要があるのか、そのために何をしていったらいいのか?

こういった具体的な方法を見つけるため、そして行動をしていくためには、目的や目標と現在地の把握が必要になってきます。

なので、あなたが院を経営していく上で、達成したい目的や目標があるのなら数字を出すべきです。また、ただなんとなく経営数値を出している先生も、目的を見つけるだけで、今やっているただの作業が目的を達成するための1つ方法となり、目的が叶いやすくなりますので目的・目標を考えてみてくださいね!

経営数値を出すべき理由

この理由はお伝えした通り「目的を達成するため」です。数字を出すことで先生の院の強みと弱みがわかります。

例えば、新規集客数が多い(強み)けどリピートが低い(弱み)とわかります。ここでの取り組みはリピート率を改善すれば、院の経営がうまくいくことがわかります。

なので、数字を出す理由を改善点を理解するためと思ってしまうのですが、じゃなぜ改善点を理解するのか?と言うと目的に向かって修正(行動)していくためなんです。

月商100万という目標があって、2回目リピート率を60%から80%にすれば達成できると考え取り組んだとします。取り組んだ結果、実際に80%になったけど、新規数が10人少なく、売上目標を達成できなかった。

これであれば、改善点は解消されたのに目標は達成されていないことになります。あくまでリピート率は改善点の1つの要素であって、目標を達成するための全てではありません。

まとめ

目的や目標が明確で経営数値を管理していくと、得たい結果が得られるようになります。今、経営数値を出す理由がわからず、ただやっていた先生は、今一度、先生の目的を考え、それを達成するために数値を管理して欲しいと思います。

従業員の先生も同じです。ただ毎月のルーティンで作業をこなすのではなく、院の理念や、会社で考えた目的を達成するためのものだと考え取り組んでいただくと、今まで感じていた煩わしさがなくなってくるかもしれません。

やらされることより、目的や目標を持って自分で進んでやる方がずっと楽しいですよね。

私自身、毎月経営数値を出していますが楽しくやっています(笑)

院の現在の状態を詳しくしれたり、目標まであとどれくらいかわかるので、数字を出すことでやる気が出てきます!(こんな私も計算が苦手で取り組み始めた時はストレスしかなかったです・・汗)

ぜひ、目的や目標を考え、数値管理をしてみてくださいね!

荻野 俊

治療院リピート経営 無料メール講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です